男の着物の着付け方

最近では、男性も着物の人気が高まっています。男性の着物の着付け方は、女性の着付けと少し違ってきます。まず、着付ける前に必要なものを準備しましょう。
男性の着物を着付ける場合、足袋、肌襦袢、ステテコ、長襦袢、半襟、腰紐、伊達締め、衿止め、履物、バッグ、着物などが必要になります。順番も女性の着付けとは少し異なり、男性の場合は、肌襦袢を付け、ステテコをはき、足袋を履きます。
次に長襦袢を着付けます。長襦袢を羽織って、袖を持ち、ぴんとのばして背縫いが背中心に来るようにします。衿先を身体の前で合わせ、下前と上前を重ねます、このとき衿先が少し上がるようにあわせます。男性の着付けのポイントとしては、腰紐を前下がりになるように腰骨の位置で結びます。しわを整えると長襦袢の着付けは終わります。
次に着物を着付けます。男性の場合、おはしょりがありませんから、基本的に長襦袢の着付けも着物の着付けも同じように着付けます。衿合せはきっちりとあわせます。伊達締めを結びますが、これも腰骨の位置で少しきつめに結びます。締めた後に指を入れて、帯を下に下げます。しわを脇線に隠し、伊達締めが前下がりになっているか、上半身にゆとりがあるかをチェックして、着付け完了です。

男性の袴の着付け方

お正月など、男性も袴をはく人が増えてきました。袴の着付けのポイントはかっこよく着付けることです。肌着、長襦袢、補正、着物の着付けの手順は、普段の着物と同じように行います。注意する点も、普通の着物を着付ける場合と同じで、伊達締めを閉めたら、しわを脇線によせ、衿あわせをチェックします。
袴を着付ける場合、角帯は一文字という締め方をします。まず、前で結び、右回りに回して、結び目を背中心に持ってきます。着付けが崩れないように、必ず右回りに廻します。袴をはく場合の着付け方で一番の違いは、袴の裾から着物が見えないように両裾を持ち上げて、帯に挟みます。
男袴の場合、ズボンのようになっていますから、一つの穴に片足ずつ通し、一つの穴に両足を通さないように注意をして着付けます。袴の前を、角帯が少し見える程度の位置にあわせ、結びます。袴の後ろにべらが付いているものは、べらを着物と帯の間に挟んで着付けます。袴の後ろ板を帯の結び目の上に持ち上げ背中に付けるように着付けます。最後に、紐を回して前飾りを作り、袴の着付けが出来上がります。男性の袴の着付けのポイントとしては、後ろの裾が上がっていること、紐は下腹の位置で結ぶということです。

男性の浴衣の着付け

男性の浴衣も人気があります。男性の浴衣の着付けの方法もとても簡単で、30分もあれば着付けることができます。男性に浴衣を着付ける場合は、衿から見えないU首かV首の下着をつけてもらいます。裾よけは必要ありません。男性の場合も、ウエストがくびれている場合には、タオルなどで補正をしたほうがきれいに着付けることができます。
男性の浴衣は、女性のようなおはしょりが無く、着流しというスタイルなので、着付けはとても簡単です。まず、浴衣をはおり、袖を通して、背縫いが背中心に来るように衿先をそろえます。下前を、腰骨の辺りにしっかり入れ込み、上前を重ねます。腰紐は、腰骨の辺りで少し前下がりになるように結びます。衿あわせ、背中心、しわが無いかを確認します。後ろ身頃を少し引き上げ、背中に緩みを持たせます。
男性の浴衣の着付けは、終わり、次に帯を結びます。男性は普通角帯を使って着付けます。角帯は、腰の位置で2回巻きつけ、貝の口結びをします。角帯が難しい場合は兵児帯を使えば、もっと簡単に着付けることができます。男性の浴衣の着付けのポイントとしては、帯を腰で締めるようにして、全体的に腰で着るようにするとかっこよく着付けることができるのです。

スポンサードリンク